国民の義務ですか?

懸賞 2008年 11月 12日 懸賞

二年前からこの時期になると一通のはがきが統計省から届きます。

初めて受け取って葉書を見たとき「何日の何時にインタビューに伺います」って書いてあって「何のインタビュー?」って不思議に思い、「断ろう」と電話をかけました。
しかし・・・「国民の義務なので・・・。インタビューは断れますが、アンケートを届けますので記入して返信して下さい」って。
e0132190_653265.jpg


一回きりなのかと思ったら、一度このインタビューに当たると5年間続くって005.gif
この統計省、仕事をしていたときにとある書類を毎月送らなければいけなかったので名前は知っていましたが・・・。でも、本当に国民にインタビューしに来ているのかな?ってちょっと疑問。
アンケートにアパートの建築年は?っていうのがあったので、不動産屋に行って尋ねたときに「こういうの聞いたことありますか?」って従業員に聞いたら「私も数年前にやりました」って。

届いたアンケートを見てさらに005.gif家族みんなに質問ー。約140ほどの質問。その中には答えなくても良い質問もいくつか。
質問は住んでいるアパートについて、家族について(国籍や、学歴など)そして仕事について(収入、勤務時間、習い事など)

義務というので、子供達が眠ってからせっせと終えました。001.gif
「宝くじには当たらないけど、こういうのには当たるね」って主人。宝くじを買わないのにどうやって当たるつもりなのかな??
[PR]

by tavsan_chan | 2008-11-12 05:49 | ドイツの生活

<< 幼稚園のサービス   久しぶりー >>